介護 臭い 慣れる

いくら自分の親の介護であっても実際には辛いですよね。
実際に「介護してあげたい」と心から思ってはいても、あの強烈なニオイに直面すると正直そんな気持ちすら萎えさせてしまうものです。

ズバリ介護の臭いの対策っていろいろ試しましたが正直見つかりませんでした。
介護の臭いには結局慣れるしかない!
これが最終的な結論に至りました。

みんな悩んでいる介護する時の臭い

みんな悩んでいる介護する時の臭い

消臭剤の大手メーカーのエステーが調査した「自宅で介護をする人の困りごと」についてアンケート調査を行いました。
その結果は以下の通りです。

1位 自分の精神的負担(63.6%)
2位 自分の身体への負担(37.5%)
3位 要介護者の食事の準備(30.8%)
4位 介護時の臭い(29.3%)
5位 要介護者の衣類や寝具の洗濯(22.1%)
6位 要介護者の部屋の清掃(20.6%)

1位から3位までは想像がつくのですが
第4位の「介護時の臭い」というのには驚くのと同時に「やっぱり」とも感じます。
このあたりは実際に介護をしている人でなければ分からないでしょうね、

吐き気がするほどの強烈なニオイは複合臭

介護時の臭いには
・便臭
・尿臭
・汗臭
・加齢臭
さらに意外なものには
・湿布臭(意外と高齢者が常用する湿布も強い臭いがします)
もあります。
実は介護時の強烈なニオイはこれらのニオイが織り混ぜられた「複合臭」がより強烈な臭いの元を形成しているのです。

時に介護する人がこの複合臭でオエッと【吐き気】すら催すこともあるくらいなんです。

本人には「お母さん 臭いわよ」なんてとても伝えられない

しかし、介護している子供からすれば
「お母さん 臭いわよ」
なんて言葉は喉元まで出てはいても決して実際には言えません。
また介護を受けている高齢者からすれば、ずっとその臭いを自分自身で嗅いでいるわけですからあまり感じてはいないものです。

究極の介護の臭い対策は「慣れる」しかありません

介護 臭い 慣れる

こんなことを言うとガッカリされるかもしれませんが
究極の介護の臭い対策は「慣れる」しかありません。
しかないのが現実というしかありません。

介護に臭いは付き物なんです。

特に要介護が重い寝たきりになってくるとその傾向は顕著になります。
オムツの臭いの便臭・尿臭
その独特の強烈な臭いはたくさんのお薬を飲んでいるからかも?
これは私が母親の介護をしてきた時の感想です。
あきらかに自分の尿臭や便臭とは異なるのです。

私が最初に親の介護をしなければならなかった時にこの強烈な臭いには相当悩まされました。

しかし、ものの1か月もするとあまり臭くなくなりました

不思議なことにほぼ寝たきりの母の介護をし始めて1か月も経つとあれだけ嫌だった介護の時のニオイのことを忘れている自分がいました。
確かに臭い(くさい)んです。
本当に臭い(くさい)んです。

でも、最初のオエェ~とえずくことはなくなったのです。

このことからも
介護の臭いには慣れるしかない
と悟った私です。

ある時に1週間ほど自分の仕事で母の介護を姉に任せたことがありました。
そして母の介護を再開した直後、なんとこの強烈なニオイにまた私の身体はひどく拒絶反応を起こしてしまいました。

介護の臭いの慣れはすぐにリセットされてしまうことも知っておいてくださいね。

介護の臭いに慣れるためにも対策を行いましょう

もちろん何も対策を講じなければ、とてもあの強烈な介護の臭いには慣れることはできません。
少しでも軽減できるようにそれなりの努力は必要です。

オムツの臭い対策

私の母の場合はリハビリパンツでしたが、よく失敗をしていました。
そんな失敗した汚れたオムツをできるだけ母の部屋に溜めるようにはせず、こまめに外のゴミ箱に出すようにしました。
特に暑い日や寒い日などエアコンを利かすために閉め切った部屋だとすぐに強烈な便臭。尿臭が漂ってしまいます。

窓を開けて換気

寒がり、暑がりの母には申し訳なかったですが、なにかある度に窓を開けて換気をしていました。
それも空気の流れを考えて、窓だけでなく部屋の扉も開けていました。
母には臭いのことなどは言えませんから
「空気が悪いから入れ替えるよ」
と言っては窓を開けて換気をしていました。

困ったのがお風呂でした

実は母はデイサービスや出張入浴サービスを頑なに拒否をしていました。
それは最初に受けた入浴介助で男性スタッフが担当したのが原因です。
私たちからすれば、そんな高齢者に異性の意識はなくても、いたく本人の自尊心を傷つけたようです。

自宅の風呂は狭く、また母も入浴をあまり好まなくなってしまいました。

その対策の意味でも着替えを頻繁にさせたかったのですが、介護技術もない私にはむずかしかったです。
脳梗塞ですこし麻痺が残る母に着替えさせようとすると
「痛い!痛い」というのです。
このあたりは「前開き」「少し大きめ」などできるだけ着替えさせやすい衣類を選ぶようにしていました。

口臭対策

入れ歯の母は口臭がひどかったです。
本来は食後に歯磨きをするのが良いのですが、私は歯磨き介助は少し苦手だったし母もさせてくれませんでした。
ですので、低刺激性のモンダミンなどを利用していました。

これらだけでもかなり介護の臭いは軽減されて慣れるのも早くなると思います。

介護の臭いは強烈だけれども親の介護から逃げることはできません

たぶんもう感謝の気持ちの「ありがとう」なんて言ってくれないかもしれません。
でも、そんな時は昔のお父さんやお母さんのことを思い出してみてください。
きっともしあなたが逆の立場でお父さんやお母さんがあなたに同じことをしなければならなかっら・・・?
決して「くさい!」なんて言わないはずですから・・・
よかったら次の銀のさらさんのCM動画も観てみてください。

あなたのお父さんもきっとこうだったのでは?

辛い介護
いつまで続くのかさえもわかりません。
もしかしたらあなたひとりに介護を押しつけられているかもしれませんね。
でも、頑張ってください。
認知症で今のことがよくわからない?悪態をつく?そんな親御さんでも
いつか天国で昔のお父さんお母さんに戻った時にはきっと「ありがとうね」と言ってくれると思います。